CBXエンジン 一機完成

先ずは一機目が完成。

1002091.jpg

今回は比較的問題の少ないエンジンでした。

通常のオーバーホールで全てまかなえる内容でした。

細かいところを指摘すれば、

1002093.JPG
1002092.jpg

クランクシャフトの曲がりがあり、また曲がりだけでなく捻れも出ていて修正に時間が掛かったこと。ACGのオイルシールが逆に組まれていたこと、これは時々見るのですが、まあ気持ち的には解らないでも無いですが、オイルを止める方向を考えれば間違える事はないとも思います。

1002095.jpg
1002094.jpg

最近定番メニューとなりつつあるスターターワンウエイはRemotionのリビルト品。またピストンも純正の場合写真ぐらい鋳肌を落としてから重量合わせして組み込みます。

鋳肌を落とす理由は表面積を減らして熱損失とカーボンの蓄積も減らす目的があるからです。

さ、次のエンジンは結構イケイケ、お楽しみに。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。