Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CBX(us)エンジンオーバーホール①

HONDA CBX(us)エンジンオーバーホール①

外観的には結構やれたエンジンですが中身はどうなっているでしょうか。

この機会にエンジン外観含めマフラーも新品にしてリフレッシュします。続きはコチラ!

現オーナーはマメにオイル交換などは行っているのでしょう、スラッジや汚れも少ないです。

オイル消費はあると思いますが、状態はさほど悪くないと思います。

本当に各部摩耗はあり走行距離は結構あるエンジンなのですが、スラッジなどの汚れが少なく、いかに現オーナーが大事にしているかが伺えます。

ヘッド回りもシートのカーボン噛みこみはもちろんあるのですが、思ったほど状態が悪くありません。

1回以上以前にエンジンを開けているようで、ピストンが既に一番大きなオーバーサイズが入っており、それでもクリアランスが大きくなってしまっているのでWISECOの3mmオーバーにするかライナー側をどうにかするかの選択です。

その他点検を進めていくといろいろと不具合が発見されました。

エアクリーナーチャンバーは破れていて2次空気を吸う可能性があり、#1コンロッドを良く見るとベアリングがはまる内側に段差があり、どうやら本体とキャップ部が違う物を組み合わせられている模様。良く焼き付かなかったと思います。

バルブリフターは刻印と違う物が数多く入れられてたり、バルブステム頭を削ってあるのはまだよいのですがそれが斜めだったりいろいろと部品を持ちだすことになりそうです。