Home » Remolog » RemotionTECH エンジンファインチューニング » HONDA CB900Fエンジンオーバーホール①

HONDA CB900Fエンジンオーバーホール①

HONDA CB900F エンジンフルオーバーホールを行います。

オーナーはこのCB900Fを購入したばかりですが、長く乗りたいのでオーバーホール決意されたそうです。

走行してご来店されたのですが、、、続きはコチラ!

カムスプロケット取りつけボルトの一つが外れてありません。何事も起こらなくて良かったです。

この部分はボルト1本片側で持つほど負荷が小さい部分でもないですし、これは憶測なのですが販売にあたりエンジンを塗装する際ヘッドカバーを外しマスキングに邪魔なカムシャフトを外して丸塗りし、その後ボルト1本つけ忘れてそのままなのではと思います。

スラッジも状態は悪くないので前オーナーは大事に乗られていたのではないかと思います。

腰下の印象は相当距離の伸びているエンジンでした。うーん、もしかしたら腰上と下とで元々のエンジンが違う可能性がありそうです。

バルブやポート周りを見ると腰下程の状態では無い気がするのです。ただ今回フルオーバーホールするのでそういったことに関係なく仕上げらるはず。

インマニを覗いたら何やら違和感があったので指入れて触ってみたらブラストのメディアが残っていました。

いやいや、本当に販売直前に丸塗りした様でしかも丸塗り時にはご法度のブラストまでして、このタイミングでオーバーホールを決断されたオーナーさんは本当に良かったとしか言いようがありません。