Home » Remolog (Page 4)

CBX(nk) エンジン オーバーホール①

1611230116112302

このところCBXとCB-Fのエンジンオーバーホールは切れることがありません。

この車両もキャブレターがオーバーフローしてしまって走行出来なくなっただけで、それまでは走行していたので通常通りのオーバーホールで出来ると思います。続きはコチラ!

CB750FⅡ(tk) エンジン オーバーホール②

修正・組立てを進めて行きます。

16112201161122021611220316112204

このエンジンのポートは本当に素性が良いと思います。本当わずかに手を添えてあげる感じで仕上げれば良い感じになります。

1611220516112206

ピストンとコンロッドの重量合わせ。そしてこのエンジンはアフターパーツも豊富で、リプレイスピストンもいろいろ選べます。今回は国内生産のオーバーサイズピストンを選びました。

ギヤミッションやシフト関連の修正、摺動部分は一応全て確認及び修正しています。

今更ながらこの構造をよく当時設計出来たものだと感心します。

カムジャーナルのラッピングはいつも通り。

タペット調整がスクリューで8本は楽ですが、車載状態で行う時は意外と手が入りずらく難儀します。

レーシング1000で耐熱塗装を施しカバー類はしっとりバフ処理、ボルトナット類はもちろん再鍍金してエンジンの再生も完了です。

CB750FⅡ(tk) エンジン オーバーホール①

レストアしているCB750FⅡは当然エンジンもオーバーホールを行います。

16112004

早速進めていきます。

1611210116112102

さすがにスラッジ、汚れがかなり溜まっています。

1611210516112106

1611210716112108

走行はしていたので驚くような問題は抱えておりません。

1611210916112110

ピストンも当りが強いようですが、クリアランスが大きく少し首を振っていたのでしょうか。

161121161611211716112118

シリンダーライナーはやはり錆があります。

161121031611210416112111

補器類を外してひっくり返しいます。

16112112161121131611211416112115

大事に乗られていたのでしょうね、スラッジはこの年式になので多いですが、通常通り分解洗浄、修正を行えば全く問題無さそうです。

CB750FⅡ レストア車体

なかなか今では珍しいCB750FⅡのレストアを行います。外装はかなりきれいなのでそれ以外の部分を進めて行きます。

1611200116112002

ホイールリムやスポークに錆が目立つもののその他はよくこの状態で残っていたと思えるほどきれいです。しかしレストアなどきれいにしていくと、手を入れなかった部分が目立つようになり、何処で線引きするかが非情に悩ましく思います。

16112004161120031611200516112006

作業に入る前いろんな部分をいろんな角度から写真を撮って組立て時の参考にします。まずは大物から外していきます。

1611200716112008

ヘッドライトステーもほとんど錆もなくこのままでもよいのではと思うのですが、周りの仕上がりを想像するとやはり行っておいた方が良さそうとか、結果的にはほとんどの部分に手を入れることになります。

16112009161120101611201116112012161120131611201416112015161120161611201716112018

それぞれ仕上げが違うものを分けて指示、ボルトナット類などは一袋状態で返ってくるので作業前の写真は本当に重要です。

1611201916112021

そして組み上げた車体がこちらです。ハンドルはオーナーのご希望によりノーマルより低い物をチョイス。

16112020

ホイールは自分の提案でEXELのアルミリムにステンレススポーク。鉄リムは見える部分は磨いていればきれいな状態が保てるのですが、内側は必ず錆びるしスポークも磨いているつもりでも必ず錆びてしまうのでこの組み合わせをお勧めしました。

オイル消費の修理

CBXでオイル消費が多いため、その対処修理です。最近の傾向からもオイル消費が過大な場合、シリンダーが錆びている物が多いです。

16111701

オーナー自身がオイル管理もまめにされていてスラッジも少ない方と思います。早速シリンダーを外します。

16111702

シリンダー下側にはスタッドボルトのところに砂利などが溜まっているので、ここから掃除機を片手にシリンダーを外していきます。

16111703161117041611170516111706

これだけ錆びていればオイルも無くなります。ただオイルレベルだけは守っていたおかげで他へのダメージは少ないようです。

16111707161117081611170916111710

今回はオイル消費に関する修理なので、燃焼室のカーボンは落とせますがバルブを外さないのでここまでです。

16111711

シリンダーライナーも少し緩んでおり、オーバーサイズにボーリングするとともにライナーの回り止め加工も行いました。

このように部分的な修理ももちろんお受けしております。しかしこの後オーバーホールする場合に今回かかった金額分安くなるかというとそんなことはなく、通常のオーバーホールと同じとは言わないまでも近い金額がかかることはご了承下さい。

修理とファインチューニングでのオーバーホールとは作業が違うのです。