Home » ニュース » M・R・P(メガリ・レーシング・プロジェクト) その3

M・R・P(メガリ・レーシング・プロジェクト) その3

どうも、いしくらです。
今週に入ってから天気が良いですね。
空気はそれなりに冷たいですが日差しが暖かいので運転中車内で汗ばむくらいです。

唐突に某ブログオマージュで始まりましたがわかる方だけニヤっとしてください。
ということで「M・R・P(メガリ・レーシング・プロジェクト) その3」でございます。

続きはこちら

まずは前回の続きから。
今回の走行に向けて手を加えた部分のご紹介。

★その4 エンジンブレーキの低減。
現時点ではスプロケットの設定が無くコースに合わせてのファイナル調整が出来ません。
ワンオフだったり他車種用の流用だったりと方法はありますがノーマルファイナルでもまったく外れているわけでもないので時間とコストの兼ね合いで今回はノーマルファイナルで行くことにしました。
しかし!コーナーなどに回転数を合わせることが出来ないので場所により困る場面があります。
ギクシャクしたり進まなかったりエンジンブレーキが効き過ぎたりと何かと気を使わなければならずちょっと大変。
アイドリング高めにしたり出来れば多少誤魔化せたりもするんですがそれも出来ず。
なので強力な助っ人を召還。

131121.06.1080
ここと

131121.07.1080
ここにこんなのつけて

131121.08.1080
ここをこーして

131121.09.1080131121.10.1080
こーしてこーして完成!!

なんのこっちゃわかりませんねw
こちらは巷で噂の所謂
「内圧コントロールバルブ」ってやつでございます!
ざっくり説明すると、クランクケース内の圧力を一定に保ってポンピングロスを減らすことで回転の上昇下降をスムーズにすることが出来ます。
アクセルを開けた際のピックアップも良くなりますしエンジンブレーキも穏やかになります。
ファイナルが合わせられないのでエンジン特性をアジャストしてやろうと言うなんともアレな方法ですが、実際のところ乗りやすくなりますし、僕自身エンブレ制御があまり上手くありませんのでその面でも助けてもらえるはずですw

★その5 その他
それ意外の部分としてレースに向けてのワイヤリング。
オイルドレンボルトとオイルフィラーキャップにドリルで穴を開けます。
131121.01.1080131121.02.1080
そしてステンワイヤーでネジネジして完成。
131121.03.1080

エンジンオイルも交換。
使用するのはもちろん
MOTUL 300V!!
131121.04.1080

これで準備完了!いざ本番前最後の練習走行でーす!
てことでまた次回w