Home » Remolog » メンテ&カスタム » CB750FⅡ レストア車体

CB750FⅡ レストア車体

なかなか今では珍しいCB750FⅡのレストアを行います。外装はかなりきれいなのでそれ以外の部分を進めて行きます。

1611200116112002

ホイールリムやスポークに錆が目立つもののその他はよくこの状態で残っていたと思えるほどきれいです。しかしレストアなどきれいにしていくと、手を入れなかった部分が目立つようになり、何処で線引きするかが非情に悩ましく思います。

16112004161120031611200516112006

作業に入る前いろんな部分をいろんな角度から写真を撮って組立て時の参考にします。まずは大物から外していきます。

1611200716112008

ヘッドライトステーもほとんど錆もなくこのままでもよいのではと思うのですが、周りの仕上がりを想像するとやはり行っておいた方が良さそうとか、結果的にはほとんどの部分に手を入れることになります。

16112009161120101611201116112012161120131611201416112015161120161611201716112018

それぞれ仕上げが違うものを分けて指示、ボルトナット類などは一袋状態で返ってくるので作業前の写真は本当に重要です。

1611201916112021

そして組み上げた車体がこちらです。ハンドルはオーナーのご希望によりノーマルより低い物をチョイス。

16112020

ホイールは自分の提案でEXELのアルミリムにステンレススポーク。鉄リムは見える部分は磨いていればきれいな状態が保てるのですが、内側は必ず錆びるしスポークも磨いているつもりでも必ず錆びてしまうのでこの組み合わせをお勧めしました。