Home » Remolog » メンテ&カスタム » オイル消費の修理

オイル消費の修理

CBXでオイル消費が多いため、その対処修理です。最近の傾向からもオイル消費が過大な場合、シリンダーが錆びている物が多いです。

16111701

オーナー自身がオイル管理もまめにされていてスラッジも少ない方と思います。早速シリンダーを外します。

16111702

シリンダー下側にはスタッドボルトのところに砂利などが溜まっているので、ここから掃除機を片手にシリンダーを外していきます。

16111703161117041611170516111706

これだけ錆びていればオイルも無くなります。ただオイルレベルだけは守っていたおかげで他へのダメージは少ないようです。

16111707161117081611170916111710

今回はオイル消費に関する修理なので、燃焼室のカーボンは落とせますがバルブを外さないのでここまでです。

16111711

シリンダーライナーも少し緩んでおり、オーバーサイズにボーリングするとともにライナーの回り止め加工も行いました。

このように部分的な修理ももちろんお受けしております。しかしこの後オーバーホールする場合に今回かかった金額分安くなるかというとそんなことはなく、通常のオーバーホールと同じとは言わないまでも近い金額がかかることはご了承下さい。

修理とファインチューニングでのオーバーホールとは作業が違うのです。